• HOME
  • 会社概要
  • 製品紹介
  • サポート
  • ENGLISH


製品詳細




iPhone/iPod Touch用アプリ
水中カメラマン中村宏治 撮影・監修
Marine Wildlife Odyssey シリーズ
ゴマフアザラシ写真集“ゴマフアザラシとペリス島”

全世界で好評を博しているアプリ『フィッシュウォッチングガイド』の 撮影・監修者、世界的水中カメラマン「中村宏治」による新シリーズ、"Marine Wildlife Odyssey"第一弾です。

“Marine Wildlife Odyssey”は、海の野生生物達の貴重な写真から、“自然と生態を考える”シリーズとして、 今後様々な海の野生生物をテーマにしたアプリの発売を予定しております。

シリーズ第一弾の本アプリは、野生動物のマスコット「ゴマフアザラシ」の写真集です。 秘境中の秘境、一般には立ち入りが許されない、ロシア極東「ペリス島」に棲むゴマフアザラシの貴重な写真を収録しています。

加えて、ペリス島に住む人々、自然の風景、野生動物の写真を、「中村宏治」のコメントと併せて掲載しました。愛らしいアザラシの写真だけではなく、アザラシをめぐるペリス島の物語を感じて下さい。



中村宏治撮影・監修 ゴマフアザラシとペリス島iTunesで購入する

中村宏治撮影・監修 Marine Wildlife Odyssey
『ゴマフアザラシ写真集“ゴマフアザラシとペリス島”』

配信開始日: 2010年4月
価格: 85円(税込)
機能: 拡大表示機能・詳細説明文表示機能付き
カテゴリー:教育

PROFILE

▼撮影・監修 中村宏治
「海」は面白い。何が面白いの? と聞かれたら、躊躇いなく、「海には数多くの生物がすんでいるからだ」と答える。

▼中村 宏治の"Marine Wildlife Odyssey"
海の生き物たちとの出会いは、いつも楽しい思い出に彩られている。私の撮影旅行は、そうした海洋生物をめぐる旅だ。
彼らの姿を記録する為には、忍耐、駆け引き、譲歩、等々を乗り越える必要がある。そういった努力の末、目にすることができる堂々とした立ち振る舞いや凛々しい姿。その姿を見ていると、彼らが、我々人類より優れた地球生物ではないかと感じる。
地球上の食物連鎖の頂点にある人類が安全で、便利な集合生活の中で失ったSomething…、我々が野生から学び取れる物は多い。
私が海洋生物最前線で掴み撮った彼らの姿を見て、皆さんにも、多くの物を感じ取っていただきたいと願っている。

▼中村 宏治 プロフィール
1947年、東京生まれ。中央大学卒。18歳の時にスクーバダイビングを始め、海洋生物の権威、益田一氏に師事。伊豆海洋公園をベースに、 水中撮影を学ぶ。1978年に、日本水中映像(株)を設立。映画、テレビ、CM、大型展示映像等、あらゆる分野の水中映像で、多くの作品を手がける。 現在、NTV「世界一受けたい授業」(講師)、CX「ベストハウス1,2,3」などに出演中。アメリカ、イギリス、フランス、カナダ等、海外の映画、 テレビ゙の水中撮影も担当し、世界で活躍している。

  【著書】
「サメが生まれた」新日本出版、「アザラシのカンニングペーパー」マリン企画、「城ケ崎 海底楽園」海遊舎、「さかなの街」東海大学出版(共著)、「自然冒険図鑑 海を楽しむ」岩波書店(共著)、「海の扉をたたいてごらん」扶桑社(共著)、「コブダイ・弁慶の海」そうえん社、「サンゴの森」そうえん社(共著)

  【映画】
「ラッコ物語」東宝、「マリリンに逢いたい」日活、「彼女が水着にきがえたら」東宝、「リトル・シンドバット/小さな冒険者たち」東映、「大病人」伊丹プロダクション、「男はつらいよ寅次郎紅の花」松竹、「Ashes and Snow」監督:グレゴリー・コルベール

2010 EIN ENTERTAINMENT Co.,Ltd./Japan Underwater Films Co.,Ltd. Reserved.